読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サトくんのブログ

リニューアルに当たってなんかカッチョいいブログ名にしようと思ったけど、ぼくのブログとしか言いようがないや。

観劇12

えらそうだね

  • 2014.04.14 Monday
  • 22:36
 
劇団六風館の新入生歓迎公演「MORAL」見てきた。

うーん、何から書こうか。というか何について書こうか。
新入生歓迎ということで1回生がむちゃくちゃ多かった。100くらい?ざっと席を見渡した感じ多分一回生のようだ。サーオリが良かったのか、先週のちゃうかちゃわんが面白かったのか、単純に演劇に興味を持った新入生が多いのか。どっちにしろいいことだと思う。彼らが演劇サークルに入らなくても演劇見続けてくれるといいなあ。ということでOBなので席譲って裏で見させてもらった。

演出の役目ってなんなんやろうなあ、と思った。英語で言えばディレクター。方向性を示す。誰にだろう?
観客に? だとしたら如月小春は難しいなあ。如月小春の戯曲は如月小春論に触れずには考察しづらい。
わけわからんかっただろうな。なんとなく、ぼくは台本のト書きの想像がつかないこともなくて見ながらテキストも想像しながら見てて、それでもわけわからんなと思って見てた。
ほんのりと漂うエロスとブラックな笑いが世の戯曲に比べいい塩梅だと思う。都市についてとか男女論については2000年代前よりの話なのでそもそもとして取っ掛かりにくい、エロと笑いをもう少し浮き彫りにしたら入りやすいかな。

そして恐らくだが「演劇」に囚われていてはなかなか難しいだろうな。映像やら音楽やらを主体にやっている人が中心、演出した如月小春が見てみたいと思った。

結構そこそこ面白かったわけだけど、これ見て感銘して入った女の子とはちょっと近づきにくいなあ

今回むちゃくちゃ書きづらかった。如月小春モノとしては、あともう一歩。
新歓としてはまあ無理があったよねという感じか。