読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サトくんのブログ

リニューアルに当たってなんかカッチョいいブログ名にしようと思ったけど、ぼくのブログとしか言いようがないや。

死を覚悟する

車の運転に人の性格は出るとよく聞くが、それは本当だと思う。

最近ぼくは運転しなくなったが、多分ふつうか、やや慎重気味だと思う。ついこの前2回目の免許更新は違反一回の優良ドライバーだったし。
今迄も知り合いの運転する車は乗って、多少運転が荒かったり、逆にフラフラしすぎて怖い思いをすることはあったが、今回ほど死を覚悟したことはなかった。冗談ではなくて。

まあ、グレーゾーンのことをわざわざ書くのもどうかと思うが、自分も運転していて周りの流れに合わせてスピードを出すことがある。

が、一番前にいないと気がすまないなんてことはない。もうね、高速でね、ライトが線になってるの。FZEROの64版ってやったことある?あんな感じ。車体はガタガタなるし、車間距離近すぎだし、筑豊ナンバーのトラックみて「鹿児島ナメんなよー、オラ!!」って煽るし、スピーカーから流れる曲は安っぽいJPOPだし(これはどうでもいいが、最近流行りの妙な不協和音がオレの不安を煽る)、ガタガタなると「いやあ、道が悪いね、オレのテクの問題じゃない」って笑うし(道が悪くても死ぬのオレらじゃねーか)、高速降りたら降りたでスマホをやたらいじるし(なんで知らない道でそんなに色々他のことできるんだ)でもう泣きそうだった。しかも往復16時間も。オレ運転代わろうにも眼鏡持ってきてなくてどうしようもなくて、あ、オレコレ死ぬんだー、道半ばなのに。まあ、道半ばで死んだ方が幸せかもなあ。と最後は悟った状態だった。

もうね根本的に人間として違うんだろうね。一回人身起こしたってのも、笑って言ってた。その時の相手は軽症だったみたいだけど。バカは一回経験しなきゃ治らないじゃないんだよ。死ななきゃ治らない。ヒヤリハットの法則なんじゃそりゃ状態だった。ヒヤリハットの法則通りだったら確かに今無事なのは不思議なほどヒヤリハットがあった。

ブレーキかけると魔女の笑い声みたいな音がするんだよ。
一回ブレーキの効き悪いときがあって、もうホントに南無三とぼくは思ったんだけど、運転してたやつは「アレ?効かねーな、あ、効いた効いた」とポケットにライター探すくらい軽い感じで言っていた。せめて定期券探すくらいは焦ってくれよ。いや焦ってないから大丈夫だったのか。

サービスエリアの休憩室にテレビでたまたま世界仰天ニュースみたいな番組で事故特集がやっていて、ぼくはコレは死亡フラグなのか、逆に無事帰れる生存フラグなのか、魚みたいな目で眺めていると、横でそいつは「やっぱトラックだよなあ」、とさっき煽ったトラックを思い出して100パー相手が悪いという風に言っていた。

高速降りると、世界が止まって見えた。DIO状態だった。そうするとハンドル離すようになってそれはそれで怖かった。

ちょっと時速何キロ出てたかは今日のネット社会なにが犯罪となるかわからないから意図的に書かないけど、もちろん法定速度内だったよ。大げさに書いてるだけで。

全然関係ないけど大谷投手って球速どれくらいだっけ?ああ、まだまだだね、彼も。

もう!!!ホントに!!怖かった!!!
どうやったらコレが表現できるんだ!!!!
!!!の連続だとなんか可愛い感じになる!!!
あああああああああああああああああああああああああ!!!!