サトくんのブログ

リニューアルに当たってなんかカッチョいいブログ名にしようと思ったけど、ぼくのブログとしか言いようがないや。

ぼく「〜〜」 文脈「!?」シュババババババ(走り寄ってくる音)

自分の中でびっくりしたってことなんだけど、ボヤ騒ぎがあったもんだからちょっと覗いてちょっと嘆いて、バイト終わってテスト勉強から逃げるためにちょっとブログ書いて、朝起きたら妙な文脈が生まれてしまったことに気がついた。

ホントに、たまたまで、どっちかっていうとブログの方は、漠然と俺の日常生活で感じたこと、強いて具体例をあげれば、(ほんとはあげたくなかったが)、劇団六風館の日誌を10日の一度くらいツイッターに流れてきたら読んでいて、勝手に懐かしがったりしていたのだが、その時、3回生の人達のを見て感じたことから出てきたものなんだ。
前回の話のポイントは「自虐」で、他にも南キャンの山里とかに感じるだが、女のコからキモがられてますよ〜ってスタンスでいくと、そう思ってなかった女のコに他人をキモいと思うひどいコってレッテルの刃物を渡してるんじゃないか、と思うんだよ。加害者作り、とでも言うような。それをノリで書いたの。

あとで読むと「おじさん」「おばさん」「毒舌」とかいうワードが妙な繋がり生んだような気がして。ほんと別件なんだけど。

 

でもほんとに別の話なんだろうか。

 

ぼくという存在が連続している前提なら何かしらやっぱり繋がっていて、ぼくが「おじさん」「おばさん」という言葉を、中年齢の方を指すとき、ぼくの頭の中では「おっさん」「おばはん」とか他の単語も浮かんでいたはずで、その中で「おじさん」という言葉を選んだのは、無意識に、大いなる力が働いたのかもしれない。その他の事も。その日ならその日で一日、あるいは一生あった事象は連続しているのかも。

小説や脚本を書いていて、割と適当に設定したことがあとで繋って、「登場人物が勝手に動く」ってのはたまに経験する。これは結構楽しいことなんだが、現実じゃあ、意図しない文脈生まれちゃうのは、まいちゃうよナァ。でもそういうもんかもナァと思う自分もいる。

記事更新ついでにボヤ騒ぎについてもちょっとだけ書くけどさ、僕なんだかんだ、いいとこ育ちやから優しくて、バカ見るとバカだバカだって攻撃するオフェンスモードよりも、バカだなあ他人から攻撃されるってツラいよなあ可哀想だなあとヒーラータイプになっちゃうの。実際なんも回復魔法使わないけど。なんか俺のなかではミカエルっぽいデッカい天使が祈りのポーズしてる。可哀想だなあ。

いつぞやの王道がどうこう言ってた人はホントにバカ、というかゆとりで「わからない政治用語が出てくると他人に教えて欲しくなる」とか「笑い8割感動2割、この言葉は誰でもわかる(わかんねーよ)」とかゆとり全開な自分がバカって気づいていない気の毒なバカで、今回の金ヅルどうこうの人は、言ってることは割と普通な、ただ口の悪いバカ。残りの記事は単純につまらん。俺が言うのもなんだが、文が下手。

炎上系サイトといえば音楽評論サイトでBってのがある。あっちも、まあまあ読んでてげんなりすることもあるけど(たまにしか読まない)、悪ふざけにセンスがあるし、なんとなくヒロイズムというか、「こんなこと言ってるけど、ぼくなんか……」っていう破滅的な自己愛が感じられる。劇作家が言葉で負けてどーする。

炎上って、たまーに話を聞きつけると、ちょこっと覗きに行くけど、本気で憤ったり、相手を言い負かしてマウント取りたいとか、ただの野次馬というより、自分は、ああ燃えてるよ、可哀想、可哀想って側でおろおろして自分の中の天使を見つけに行ってるのかもね。ぼくって優しいね。優しいなあ。


前回、ラッパーとかリリックとか言い出したの、某DJのせいだと思う。世界は繋がっている。