サトくんのブログ

リニューアルに当たってなんかカッチョいいブログ名にしようと思ったけど、ぼくのブログとしか言いようがないや。

無料案内所の灯りはマニュキアみたいで綺麗だ

ぼくが風俗に行かないのは、中途半端な自尊心の高さと未知のものに対する恐怖からに過ぎない。

できればぼくも女の子とエッチはしたい。いつだって頭はそれでいっぱいだ。
男同士の会話ではたまにそういう話題がでることがある。人生経験として一回くらいは行ったことあるさ、と言った顔でほんの少し1ミリだけ口角をあげて澄まし顔でぼくは聞く。聞かれたら正直に行ったことないと答えるが。

ピンキリらしいが一回10万とか聞くとこっちは目を白黒する一方だ。だいたい金払えばやらしてくれる女抱いて何が楽しいんだ。なんとかあの手此の手で口説いて、ラインの既読がなかなか着かなくてもんもんしたり、うまくいったりダメだったり、脱がせて意外と乳頭が綺麗でラッキーとか、その一連の過程がセックスで一番楽しいんじゃないのか?そもそも……いや、よそう。ぼくが行かないのはただ臆病だからだ。あえて正直に風俗行きたいって書くことでぼくはそういうの行ったことないよってアピールしてるな、誰かに。

風俗にも色々あってイメクラというものがあるらしい。台本に沿って、例えば看護婦さんプレイとか先生と女子高校生といった設定で最終的にはエロいことをするそうだ。この2つは医学生で塾講のぼくはちょっとキツいっすね……。どれくらい設定があるのだろうか。どうせなら未知の演技をしたい。風呂屋の番頭とその客とか。

というかエロいこととかとりあえずどうでもいいから、気軽に演技と脚本と演出をさせてほしい。妙に凝り性だから絶対エッチまで長い。女子高生役の女性に対して、そんなのリアルな会話じゃねーよとか、感情が見えてこないとか、だいたい学校でそんなことしようとしてるんだよ?相当な感情の揺れ幅とある種のトランス状態が必要だろ、とダメ出ししそうだな。
今時、ファミコンとかを一緒にやってくれるゲームバーなるものもあるらしいし、どんなものが商売になるかわからない。少なくともここに一人ニーズはある。世の中何か別の私を演じてみたいという欲求は意外と世間でも強いのではないだろうか。

高校の時いち早くテンガを知ったUくんは22でようやくソープで童貞を捨てた。ぼくに報告してきた。ほんものは全然気持ちよくなかったと言ってた。
好きな人が欲しい、とも言った。愛がなかったから気持ちよくなかった。愛があれば気持ちよくなれるのだ、と。
ぼくはそういうもんでもないけどなあ、と思ったけど、好きなコができるといいねと口では言った。

なんか、愛って何さって話をしたいのか、芝居したいって話がしたいのか、自分でもよくわからないから寝る。