読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サトくんのブログ

リニューアルに当たってなんかカッチョいいブログ名にしようと思ったけど、ぼくのブログとしか言いようがないや。

届け!ヒカキンさんに届け!!

5歳になる息子がipadで色々遊ぶようになった。やはり子供というものはこの手の物が得意らしく、自分もデジタルギアには強いワカモノのつもりだったが、息子のほうが今ではスイスイ使いこなしている。
ただお母さんとの約束で、インターネットは使わない、YouTubeを見るときはパパかママに許可を取ると決めている。今のところは守ってくれているようだ。
ぼくの時も、10歳ぐらいのときには、夜中こっそり起きだしてファミコンで「オホーツクに消ゆ」を起動して、「そのバスタオルを取れ」なんてコマンドを選択していたが、5歳はまだ素直だ。そういったものに興味を持ち出すようになったら、その時はその時のつもりでいる。ウチの嫁さんは、女兄弟で育って免疫があまりないので、そこは男親の自分の出番だろう。

特に息子は、ヒカキンさんが好きらしい。よく動画を観て笑っている。
ヒカキンという名前は、ぼくも知っていたし、YouTuberなる職業?がここ数年台頭していて、小学生のなりたい職業上位にYouTuberがランクインしていることは日経OFFで読んだ。ただやっぱりぼくは古い人間で、労働とは汗水垂らして賃金を得るものだと思うし、ぼくが高校生の頃からゲーム実況というものは流行りだして、自分もたまに観ていたが、どちらかというと彼らは同世代の人達の中でチヤホヤされたいという感じが滲み出てあまりポジティブなイメージを持っていなかった。が、ヒカキンさんは純粋に子ども向けに、子どもに向かって動画を作ってらっしゃっる。ネットでは「歩くコロコロコミック」だとか「子どもを笑顔にして飯を食う男」だとか言われているそうだ。

実際ぼくも観てみた。
面白い。
これはぼくの中にもナンダカンダ、コドモな部分があってそこがビンビン反応するのだ。純粋に大人が見て面白いかと言われると、うーん笑。最近のテレビよりは面白いかな?
動画はややもすればテンポが早いように思えるが、YouTubeという枠組みではあれぐらいがちょうどいい。変顔も面白い。ついつい笑ってしまう。ボイスパーカッションもカッコいい。最近息子がブンブン言ってるな、と思ったらどうやらヒカキンさんのボイパをマネしているらしい。ぼくもちょっと練習してみた。

ママとしてヒカキンさんのポイントが高いのは、下ネタが極端に少ないことだそうだ。確かに実況動画を見ていても下品なことが咄嗟の時もでない。パパとしていやらしいなぁヒカキンさんと思うのは紹介する商品が決して買えなくはない値段帯が多いことだろうか。パンチングマシンを欲しがったときはマイッタ。ガラクタになることは目に見えていたのに……。トホホ。(このトホホもヒカキンさんのマネ。笑)

 

f:id:heavymoth:20170525153339j:plain

ちんげカーペット

プロフィール帳って知ってる?僕が小学生の頃、女子の間で無茶苦茶流行った。
たれぱんだとかしずくちゃんとかこげぱんとか、当時のゆるキャラのキャラクターグッズで、生年月日だとか血液型だとか好きなタイプだとか文字通りプロフィールを色々記入していく紙だ。女子はおそらく色んな人のものを集めていたのだろう。先生にも書いてもらっている子もいた。何のために集めていたのか、集めてどうしていたのかは知らない。おそらくただ集めていただけなのだろう。
小学生、特に高学年の男子は、大きく分けて、女子にプロフィールを書いてと頼まれる男子と、頼まれない男子に二分される。僕ら野球坊主三人組は、頼まれない男子だった。あるいは、サッカー部の別所くんが女子に書いてーと言われてる側で所在なさげにうろうろしていたら、あんたも書く?と例の紙を渡されるレベルの男子だった。つまり、何が言いたいかというと、モテてはなかった。嫌われてもなかった、とは思う。


ある日「総合学習」という科目の授業で、班ごとに何かを調べて、模造紙にまとめて発表するというのがあった。何を調べたのかは忘れた。保健所の仕事内容だったかな?
とにかく、僕らの班の男子は健ちゃん、大野、僕の例の三人組で、女子三人はどの子もタイプは違えど、結構可愛いじゃんって子らで、授業中に作業が終わらなかったか何かで健ちゃんの家で作業をすることになった。僕ら男子は浮かれていた。でも誰も口にしなかった。誰が可愛いとか、好きだとか、そういう男子トークをするのはもっと年がいった後のことだ。小六にとっては何かそういうことを言ったら「負け」みたいな空気が流れていた。でも実は僕はちょっとボーイッシュな健康的な肌をした横瀬さんのことを好ましく思っていた。
作業する日、男子は集合時間の3時間前に来いと健ちゃんから御達しがあった。どうしてと聞くと、いいから来い、と。健ちゃんは三人の中ではリーダー格だったから大野と僕は腑に落ちないながらも、ちゃんと時間通りに行った。
到着すると神妙な面持ちで健ちゃんは待っていた。なぜか部屋にはバリカンと、剃刀が2つ並んでた。
まずは、お前ら髪を剃り直してこい、5厘だ、と言ってきた。
野球部だった僕らは普段から坊主にしていたので、髪を剃ることは問題なかったのだけど、何故このタイミングで、とは思った。でも健ちゃんは相変わらず有無を言わさない迫力で、僕らには?が頭には浮かびながらも、素直に頭を清めた。
部屋に戻ると健ちゃんは今度は、剃刀を渡してきた。??とハテナがもう一つ浮かびあがる。

「お前らってちんげ生えてる?」
「は?」
「いいからちんこみせろよ」
「やだよ」
流石に抵抗する。
「いいから」
「なんなんだよ、さっきから」
「訳は全部終わったら話すって。とにかく、ほら、俺みたいにツルツルにしてこい」

と言って、健ちゃんはズボンとパンツを降ろし、ちんこをポロンと見せてきた。見事にツルツルだった。

「な?」

そんなこんなで、僕は申し訳程度にチョロチョロ生えかけてたちんげも剃り上げる。
戻ると、健ちゃんはチェックと称して、結局僕らはちんこを見せるはめになった。
今度は、カーペットや服などに転がして埃などを取る紙テープのロールで出来たコロコロを一つづつ渡してきた。


「まだあんのかよ」
「これでとりあえず終わりだって。とにかく女子が来るまでひたすらコロコロして、部屋にゴミ一つないようにしろ。今度はオレもコロコロするから」


また、頭に一つハテナを追加して、僕らは黙々と部屋中コロコロする。???。2時間ほどただただコロコロした。
女子が来てからの作業は、とても楽しいものだった。特筆することはない。本当に楽しい時間を過ごした。模造紙の空いたスペースに僕がイラストを書くと、すごーい、絵が上手いんだねって横瀬さんは褒めてくれた。ただ一つあるとすれば、健ちゃんのおばちゃんがジュースとオヤツを部屋に持ってくると、健ちゃんが猛烈に怒って部屋に上げなかったことくらい。
女子が帰っても、僕ら三人はまだ健ちゃんの部屋にいた。
また健ちゃんは神妙な面持ちで、新しいコロコロを差し出してきた。また部屋の隅々までコロコロしろ、と。

「また?」
「健、いい加減教えろよ、お前今日変過ぎ」
「……」

健ちゃんは少し間をおいてから物々しく口を開く。

「いいだろう。俺ら、今日、髪もちんげも剃ったからツルツルなわけじゃん」
「うん」
「そして、俺の部屋も髪の毛一本も落ちてなかった」
「うん」
「ってことはだ。もし今からコロコロして、縮れた毛や長い毛が落ちていたら、それは女子の誰かの、髪の毛か、あるいはあそこの毛ってことになるんだよ!!」


「!?」「!?」


それはもう、マガジンのヤンキー漫画並に!?が僕と大野の頭上に浮かび上がる。
ひったくるようにコロコロを受け取り、さっきと違って今度は嬉々として僕ら三人は夜遅くまでコロコロした。特に横瀬さんが座ってた位置を僕は念入りにコロコロした。ひたすらコロコロした。
部屋はとっても綺麗だった。

 

それから数日後、僕は生えてくる自分のちんげのチクチクで苦しむことになる。

 

(了)

 

f:id:heavymoth:20170522154554j:plain

アクアパッツァ

先日アクアパッツァを初めて食べた。
と思ったら既に食べたことある食べ物だった。
アクアパッツァという名前とあの食べ物が頭の中で繋がってなかった。
昔からある食べ物じゃん。母親が料理教室で習ってきて割と日々のラインナップに入っていたぞ。普通にイタリア料理を食いにいったときもあったし。アクアパッツァアクアパッツァって最近よく聞くから最近の食べ物だとてっきり思い込んでいた。アクアパッツァ。つまりアクアパッツァと知らずにアクアパッツァを食べたことは沢山あったんだけど、アクアパッツァという名前を意識して食べたアクアパッツァは初めてだった。
アクアパッツァって響きからあれは想像できないでしょ。アクアパッツァだよ?
多分アクアパッツァって聞くたんびオシャレな洋風の透明トコロテンのような、火で軽く炙ったシュワっとしたトマトとなんか名前のよく知らないワインによく合うサラっとしたチーズで出来た食べ物を想像してたんだけど、本当のアクアパッツァは結構北欧の郷土料理っぽいものだった。ステラおばさんが作ってそう。ぼくの想像のアクアパッツァは多分、アクアからの水の連想とパッツァのパスタとピッツァの連想から来てるんだけど、そのアクアパッツァも実は本物のアクアパッツァを知ったあとに、こうだったけなあと思い返しながら描写したアクアパッツァで、かつてのアクアパッツァはもう消えてなくなってしまった。
ああ、麗しのアクアパッツァよ……!
俺はもう君のことは知っていたんだ。知らなかったのは名前だけ。敵なのは、アクアパッツァという名前だけ。たとえアクアパッツァでいなくても、アクアパッツァアクアパッツァのまま。アクアパッツァ…なんでそんな最近ですって顔をするんだい?アクアパッツァとぼくの仲じゃないか。アクアパッツァ――それが、どうしたという? 手でもなければ、足でもない、腕でもなければ、顔でもない、他のどんな部分でもない。ああ、何か他の名前を付けてくれ。名前にどんな意味があるという? バラという花にどんな名前をつけようとも、その香りに変わりはないはず。アクアパッツァだって同じこと。アクアパッツァという名前でなくなっても、アクアパッツァの味は変わらない。そんなに美味しくはない。不味くもないが。イタリアン好きだから割と好きか?
アクアパッツァ

骨にまつわる病気を少しだけ(ジジィとババァに関する曲を作るティンカーベル初野ってのが久々に自分のなかでキた)

勉強やる気しねーからちょっとだけテスト範囲のとこをまとめてみる。自分用に。
あんまりイチから説明してないとこもあるし、そもそも正しいのかってとこもあるかも。

カルシウム
カルシウムは小腸上部で吸収されます。
カルシウムの吸収にはビタミンD3が助けてくれるわけだが、ビタミンD3は皮膚の紫外線、肝臓、腎臓のステップを踏んで活性化されます。
カルシウムはリン酸カルシウムの形で骨に貯蔵していて、必要に応じて血漿に溶出したり、吸収しておくわけです。

首の付け根よりちょい上あたりに甲状腺と呼ばれものがあって、そのうえに四つのぽつぽつがありまして、副甲状腺とか上皮小体とか呼ばれます。
副甲状腺から分泌されるPTH(パラトルモン)と呼ばれるホルモンがカルシウムの溶出(つまり骨吸収)を促進させて、甲状腺のC細胞からでるカルシトニンが骨吸収を抑えます(骨形成する)。

くる病Ricketsってのは小児期の病気で、ビタミンD欠乏によって、活性化障害され、カルシウムの沈着がうまくいかないわけです(軟骨内骨化障害)。ちなみにカルシウムは類骨とよばれる骨の端っこ部分にくっつく。なんかO脚みたいな、ってかO脚になる。最近のガキはゲームばっかりで外で遊ばず紫外線をちゃんと浴びないからなる。

骨軟化症は成人の病気。くる病の大人版。
くる病、骨軟化症では低カルシウム血症、低P血症。


骨粗鬆病Osteoporosisには大きく分けて、閉経後骨粗鬆病ってのと老人性骨粗鬆病ってのがあります。

閉経後のやつは、つまりアガったババァに多い。女性ホルモンで有名なエストロゲンってのが、実はPTHをコントロールしてるわけだが、女性ホルモンが枯れているので、PTHの分泌を異常にして、必要以上に骨からカルシウムを溶かす。

老人性ってのは文字通り、ババァとジジィがなる。ジジィでババァは体がもうジジィとババァなので、そもそもカルシウムの吸収やビタミンDの活性化がヘタクソで骨が弱い(骨量低下)。

骨粗鬆病では毛中のカルシウム、リンの値は正常。


慢性腎不全
腎透析患者に多い。腎臓がちゃんと働いてないので活性化ビタミンDが産出されない。低カルシウム血症となる。だから骨粗鬆症(骨異栄養症)、体内のカルシウム足りねーじゃんやべーじゃんってことで副甲状腺過形成を起こす。

わりと、テキトーに書いてるから真に受けるな。間の説明たりないとこもあるし。なぜか語尾がふらふらしてる。
まあでも、世にあふれる嘘っぱちな医学記事に比べて、適当だって自覚してる分マシとは思う。

というかティンカーベル初野っていうのが面白かったので動画を張りたかっただけ。


ティンカーベル初野『システムがわからないジジィとババァ』(Promotion Edit)

ぼく「〜〜」 文脈「!?」シュババババババ(走り寄ってくる音)

自分の中でびっくりしたってことなんだけど、ボヤ騒ぎがあったもんだからちょっと覗いてちょっと嘆いて、バイト終わってテスト勉強から逃げるためにちょっとブログ書いて、朝起きたら妙な文脈が生まれてしまったことに気がついた。

ホントに、たまたまで、どっちかっていうとブログの方は、漠然と俺の日常生活で感じたこと、強いて具体例をあげれば、(ほんとはあげたくなかったが)、劇団六風館の日誌を10日の一度くらいツイッターに流れてきたら読んでいて、勝手に懐かしがったりしていたのだが、その時、3回生の人達のを見て感じたことから出てきたものなんだ。
前回の話のポイントは「自虐」で、他にも南キャンの山里とかに感じるだが、女のコからキモがられてますよ〜ってスタンスでいくと、そう思ってなかった女のコに他人をキモいと思うひどいコってレッテルの刃物を渡してるんじゃないか、と思うんだよ。加害者作り、とでも言うような。それをノリで書いたの。

あとで読むと「おじさん」「おばさん」「毒舌」とかいうワードが妙な繋がり生んだような気がして。ほんと別件なんだけど。

 

でもほんとに別の話なんだろうか。

 

ぼくという存在が連続している前提なら何かしらやっぱり繋がっていて、ぼくが「おじさん」「おばさん」という言葉を、中年齢の方を指すとき、ぼくの頭の中では「おっさん」「おばはん」とか他の単語も浮かんでいたはずで、その中で「おじさん」という言葉を選んだのは、無意識に、大いなる力が働いたのかもしれない。その他の事も。その日ならその日で一日、あるいは一生あった事象は連続しているのかも。

小説や脚本を書いていて、割と適当に設定したことがあとで繋って、「登場人物が勝手に動く」ってのはたまに経験する。これは結構楽しいことなんだが、現実じゃあ、意図しない文脈生まれちゃうのは、まいちゃうよナァ。でもそういうもんかもナァと思う自分もいる。

記事更新ついでにボヤ騒ぎについてもちょっとだけ書くけどさ、僕なんだかんだ、いいとこ育ちやから優しくて、バカ見るとバカだバカだって攻撃するオフェンスモードよりも、バカだなあ他人から攻撃されるってツラいよなあ可哀想だなあとヒーラータイプになっちゃうの。実際なんも回復魔法使わないけど。なんか俺のなかではミカエルっぽいデッカい天使が祈りのポーズしてる。可哀想だなあ。

いつぞやの王道がどうこう言ってた人はホントにバカ、というかゆとりで「わからない政治用語が出てくると他人に教えて欲しくなる」とか「笑い8割感動2割、この言葉は誰でもわかる(わかんねーよ)」とかゆとり全開な自分がバカって気づいていない気の毒なバカで、今回の金ヅルどうこうの人は、言ってることは割と普通な、ただ口の悪いバカ。残りの記事は単純につまらん。俺が言うのもなんだが、文が下手。

炎上系サイトといえば音楽評論サイトでBってのがある。あっちも、まあまあ読んでてげんなりすることもあるけど(たまにしか読まない)、悪ふざけにセンスがあるし、なんとなくヒロイズムというか、「こんなこと言ってるけど、ぼくなんか……」っていう破滅的な自己愛が感じられる。劇作家が言葉で負けてどーする。

炎上って、たまーに話を聞きつけると、ちょこっと覗きに行くけど、本気で憤ったり、相手を言い負かしてマウント取りたいとか、ただの野次馬というより、自分は、ああ燃えてるよ、可哀想、可哀想って側でおろおろして自分の中の天使を見つけに行ってるのかもね。ぼくって優しいね。優しいなあ。


前回、ラッパーとかリリックとか言い出したの、某DJのせいだと思う。世界は繋がっている。

生まれ変わったらラッパーになりてぇ

ぼくは20中盤で、もう、なのか、まだ、か、わからないけど、少なくとも自分のことおじさんだからさあ〜とは言わないのは、加齢に抗いたいって気持ちももちろんあるんだけど、どっちかっていうと自分より歳下の20くらいが、おじさんだの、おばさんだの自嘲してるのは敏感ではないにしろ、あんまり気分が良くなくて、ということ30の人にとっては25がそんなこと言うのはムカつくことで、ってことはドミノ倒し的に90でも100でもムカつくのかなって思うんだよ。

何が言いたいかっていうと自虐って意外と傷つけてるぜ、人。
それは毒舌という言葉で表現されるような人達よりも、無自覚であるぶんタチが悪いぜ。
ちょっとリリック浮かんじゃったかな?

とある先輩がめんどくさい。

どれくらいめんどくさいかというと、もう本当にめんどくさい。

普通ひとって何か二面性というか、複雑でこんがらがったものを演じながら生きているのだと思うが、もうその人はめんどくさいだけで構成されている。俺が役者でそういう「めんどくさい先輩」を演じることになったとしても、もう少し色々考えて、寂しさとか哀愁とか、でもめんどくさくなっちゃって、それを多少は自覚していて、それでもめんどくさくなっちゃうってぐらいには役を作るぞ。知らんけど。

案の定、周りからも嫌われてるようだ。

周りとか悪口とか、どうでもいいが、俺は嫌い。

というより、やっぱりめんどくさい。嫌うのには体力が要る。

僕は頭がいいから、そういう人に対しても、適当ににこやかに言われたことはする。

でも、僕は、頭が悪いから、顔に出る。めんどくせぇな、お前って表情をする。多分バレてる。

まじめんどくせぇー。

 

 

明日は、二重盲検法でする上、自分も被験者になるから、十二時以降カフェインをとるなと言われていたんだった。寝てしまおうか。

 

 

病理テストが近い。朝早く起きよう。朝起きようと書いたら起きるのだろうか。とにかくテストは近い。

 

 

GW中に彼女と別れた。これについてはフィクションで昇華しよう。

 

え?